スルガ銀行は同時に何社も申し込み可能か

キャッシングベスト3

スルガ銀行カードローン何社も同時申込して大丈夫?

会社の同僚から聞いた話なのですが、スルガ銀行カードローンは何社も同時に申込しても大丈夫!と聞きました…私自身は、そんなの無理ではないかと考えていますがもし出来るのであればお願いしたいなと考えています。スルガ銀行は本当に大丈夫なのでしょうか?

スルガ銀行でも他社同時は難しいかもしれません

会社の同僚の方が同時にとお話したのはもしかしたら勘違いしているかもしれません。カードローンを申込む際に審査に落ちるかも知れないと他の会社を何社も受けておく方が多くそれが逆効果になっている場合もあるのですが…スガル銀行では何社も同時に申し込んでもいいとはなっていないと思いますが、もしかしたらスルガ銀行のカードの中に同時に他のカードを申し込めるというものがあるそうです。詳細はスルガ銀行に聞かないと分かりませんがそれでも他社というのは難しいと思います。

審査に段階で、他社に申し込みを同時にしてしまうとあまりいい印象を与えないかもしれませんので注意してください。スルガ銀行だけではないのですが、何社もとなってくると他に借金がある人にお金を貸すのは難しいです、質問者様が無理だと思ったのは正解です。

スルガ銀行でお金を借りようとお考えの場合、審査などもありますので一番は他の会社からの借り入れがないのがベストです。ただそれでも所得証明などを確認して返済が出来るだろうと判断されれば審査は通ると思います。二つ以上の返済は金利なども増えてしまうので大変になってしまいますので、きちんとローンを整理した上で銀行からお金を借りるようにした方がいいです。

銀行カードローン何社も同時申込して大丈夫?安心な審査の心得とは?

カードローンの審査を受けるときに、万が一落ちてしまった時のことを考えて、同時に何件か、また短期間に複数の業者に申込をする人もいます。これはよく理解できることですよね。審査はスピーディーだと言われてはいるものの、やはり一定時間はかかります。また、申込もネットで簡単ではあるのですが、申込フォームへの入力も多少時間はかかります。お仕事で普段まとまった時間のとれない方など、「今日中に一気に申込をしてしまおう!」なんて思っても全く不自然ではありません。

しかし、これはあまりいい結果にはならないようです。というのも、このような申込や借り方をするのは、名義貸しとして知られている犯罪にも見られる形だからなんです。名義貸しでは、貸した名義を利用して、短期間に、借りれる所から借りれるだけ借りてしまうということが行われます。これでは、正に先にあげた「一気申込み」の形になってしまいますよね。

このような心配があるために、銀行カードローンだけでなく、消費者金融やクレジットカードでも、余り短期間に審査を集中させない方がいいとされているんですよ。消費者金融も沢山ありますが、銀行も非常にたくさんの種類があります。もしも都市銀行や、地元で利用できる地方銀行や信用金庫なども含めると、カードローンだけで10枚くらいはあるでしょう。これを片っ端から申込んだとしたら、一体どうなるでしょう?

まず、申込をした銀行が、その人の申込情報を元に審査をします。信用情報の確認は欠かせないところですが、銀行は、全国銀行信用情報センターに照会します。また、その銀行のカードローンの保証会社は、それ以外の2つの信用情報機関にデータ照会しますので、銀行以外の借入や照会についても全て判明してしまいますよ。さて、もしも真っ先に銀行信用情報センターに照会した銀行では、他の照会履歴も残っていませんし、問題なく通るかもしれません。

しかし、その後から照会した銀行は、他の銀行の照会履歴を見て、その数が多いことに不審を抱く可能性があります。これがどの程度の数で、どの程度の頻度ならば大丈夫かは、その銀行の判断にもよるのではっきりしたことは言えません。しかし、今はどの金融機関も、このような犯罪には非常に敏感になっていますから、少なくとも数日内に複数の照会履歴があれば、不審に思われてしまっても仕方が無いのではないでしょうか。

しかもこのようなことを一旦疑われてしまうと、こちらからその疑いを晴らす手段は一切ありません。そのためにも、不審に思われるようなことはくれぐれも慎むべきなのです。このように、ある人が銀行カードローンの申込をした事実は、銀行信用情報センターでは1年間記録が残されています。そのため、もしも過去にどこかの銀行で申込をしたということの影響を完全にゼロにしようと思えば、最初の申込から1年経たないと申込ができないということになります。

随分時間のかかる話なのですが、制度の問題なので、これはどうしようもありません。しかし、犯罪に関わっている訳でもなく、ただ初めてのカードローン審査に落ちた人が、再度チャレンジするような場合には、ここまで待つ必要はないと思われます。その場合、地元の信用組合などで、まず窓口で事情を打ち明けて相談をするという方法も考えられます。特に急いでいる方など、一度この方法でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【推奨!】お金の借入で失敗しない方法はこの金融サイトから! All Rights Reserved.